トップページ
鶴風会本部
受賞のお知らせ
会報114号掲載:瑞宝双光章 塚本泰司(S33)

瑞宝双光章 受章の報告

平成29年春の叙勲に際し、はからずも学校薬剤師の功労により瑞宝双光章拝受の栄に浴しました。
 文部科学省主催で去る5月12日に国立劇場大劇場に於いて勲記・勲章の伝達を受け同日家内共々皇居へ参内し天皇陛下に拝謁の栄誉を賜りました。
 昭和33年3月に卒業、代々薬種業をしていて父が3代目、元気に家業を継いでいたため一度大阪に行ってみたいという願望があり、丁度従兄が鳥居薬品大阪支店に勤務中で短期間なら就職可能とのことで8月に大阪行きが実現。社内には京都薬科出の同級生が居たり大阪での仲間が出来、休日には市内や周囲の散策も楽しめた。しかしそれも束の間で翌年の3月父の体調が急変し帰郷となった。
 地元に戻り近隣の医家への薬品卸の傍ら学校薬剤師の任務を受けることになり、これが半世紀余りに及ぶこの度の受賞の始まりです。
 振り返ると はや81年余、将に健康に感謝です。そしてこの受賞に恥じぬよう少しでも貢献出来たらと思っております。
 
塚本 泰司(S33卒)